ヨガで身体の左右差が少なくなった

            

ヨガが大好きで13年ヨガを続けています。ヨガを知ってヨガと共に生きられることを幸せに思っています。こんな風にヨガを長く続けられるのには理由があります。

私は脊柱側湾症で背骨の曲がりかたが大きく、日常生活に支障は無いにしても身体のバランスが取りにくくて困っています。これだけヨガを続けていても身体のバランスが良いとは言えず不安も感じますが、ヨガをやっていなかったら普通に歩くだけでも身体のバランスが崩れていました。

それくらい私の背骨の曲がりは簡単に治るものとは言えず、一生付き合っていかなくてはならないものです。背骨を治すには手術しかないと医者に言われ、手術を受けるくらいなら運動をして筋肉をつけようと思いました。そしてヨガを選んだのです。

ヨガをはじめて変わったところは左右対称に筋肉がつくところ。それまで左右差が大きかったけどヨガのおかげで左右差が少なくなりました。骨の並びは変わっていないけれど筋肉が身体のバランスを保ってくれます。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です